明日に向かって第3幕 -転生ななみ-

いろいろ書きます。雑記ブログです

ポート開放について

こんにちはななみです。

最近nasneがおかしい動きをしているので何だかなぁと思って調べたら

驚愕の事実が発覚してしまったのです。

 

まずはポート開放するため

Google先生に教えて貰うためのキーワード「SV3 ポート開放」でググってみたのです

そしてそのやり方を熟知して設定画面に行きました。

まずはDHCPからIPアドレスを固定化する作業に取り組みました

f:id:fumofff:20160511091656p:plain

192.168.1.1がモデムアドレスなのでそこをデフォルトゲートウェイに設定するのです

そしてDHCPの開始アドレスが192.168.1.2なので適当な数字192.168.1.25を

パソコンに設定するのです

f:id:fumofff:20160511091942p:plain

Windows10ならこの画面の右上に有る接続:イーサネットをクリックして

f:id:fumofff:20160511092154p:plain

プロパティをクリック

f:id:fumofff:20160511092354p:plain

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリックして

f:id:fumofff:20160511092456p:plain

このようにパソコン側のIPアドレスを固定してDHCPを無効にします。

その後モデムの設定をします

ここで吃驚したのです。パケットフィルタに何も設定されていないのです。

愕然としました。今まで訳分からないアクセスとかnasneにあったので。これが原因

なのかなぁって思ったのです

f:id:fumofff:20160511092819p:plain

 

まぁ今まで起きていたことは水に流してとりあえず最低限のアレはしようと思ったので

f:id:fumofff:20160511092903p:plain

これでセキュリティが最低限確保できました

でパケットフィルタで「外部装置から開始されるTCPセッションを遮断

をオフにしたのです。これでパケットフィルタの設定は終わりですね。

後はアドレス変換を設定するだけです以下のように設定します

f:id:fumofff:20160511093218p:plain

 

ポート7144へのアクセスを192.168.1.25へ回すように設定したのです

 

これでポート開放とDHCPの無効化とIPアドレスを設定できたのです

 

所でADSLモデムSV-3と言う機械を使っているのは、本当に珍しくなりましたね。

もう既に生産は終了していますね。

実は私フレッツADSLの申し込みをNTTに電話したとき、

間違って自分で準備しますって行ったのです

 でよくよく探してみるとADSLモデムが無いのです。どこにも売っていないのです

だから困って某掲示板の情報とかGoogle先生に相談したところ。

 

ADSLモデム自体の生産は既に終了しておりもう二度と販売されることは無く

交換用のストックとリファービッシュしかないという話しでした。

 

だから開通日の連絡の時、MS-5も持ってるのですけどこれもADSLリンクが

途切れてしまうので、NTTの人にレンタルでお願いしますと言う事を言って、

何とかなったのです。もう故障しても修理部品を手に入れることが出来ないのです

 

あと何年かすればおそらくADSL自体のサービスも終了してしまいそうですから

工事費の18000円を何とかして貰わないといけないのです。

まぁ光に移行って言う形になるとは思うんですけどね

 

また見て下さいね